扇風機とサーキュレーター。特にサーキュレーターはここ最近よく耳にされるようになりました。サーキュレーターは扇風機を英語にしただけじゃないの?と思われている方も多いのではないでしょうか。実はその機能や役割は全く違います。

扇風機の役割

直接、体に風を当てることで冷涼感を得ることが目的です。そのため人がいる方向に向けて使用し、個人向けでは多くの製品に首振り機能が標準搭載されています。扇風機は周囲に広がる柔らかい風が特徴。

さらにサーキュレーターでは多くの製品がACモーターを採用していることに対して、扇風機ではDCモーターを使用している製品が数多くあります。

DCモーターは消費電力が低く、またDCモーターの特性として調整幅が広いことが挙げられます。弱・中・強だけだなく、もっと弱い、もっと強い、あるいはその中間の風量なども選べるので、より快適な風量にすることができます。”机に置いている書類などが飛んでしまわないような「そよ風」”を実現できるのもDCモーター製品の大きなポイント。

サーキュレーターの役割

サーキュレーターはスパイラル状で強く、直進性の高い風を起こすので、直接、風を体に当てると不快。扇風機とは違い、部屋の空気を循環させる目的で使用されます。そのため周囲に風が広がらないように作られていて、風をまっすぐ遠くまで運ぶことができます。そのためエアコンと組み合わせて使用するのに最適です。

エアコンから出てくる暖かい空気は上に溜まりやすく、冷たい空気は下に溜まりやすくなっています。そこでサーキュレーターを使うことで冬場は暖かい空気を床におろしてきたり、夏場はエアコン直下の冷たい空気を部屋の遠くまで送るという用途に使われます。結果的にエアコンの電気代を節約する効果も期待できます。

一方で扇風機と比べて回転音がだいぶ大きい製品が多く、就寝中の利用には向きません。

最後に

扇風機とサーキュレーターは製品として似ていますが、その役割は異なります。あなたのご家庭でも上手に使い分けてみてください。