機種 掃除機
メーカー パナソニック
型番 MCPC34AG
症状

電源が入らない。

診断

MCPC34AGは、ハウスダストセンサーが搭載されているパナソニックの掃除機。ゴミパックの容量が1.6Lもあって人気のモデルでした。コンパクトなサイズながら吸引力も十分にあります。

電源が入らない場合は、コードリール、プリント基板、モーター、ホースの不具合や故障が主な原因として考えられます。

動作確認用の器具を使用してチェックすると正常に動作したため、一般的にはホースの不具合と考えられるのですが、ここをチェックしても問題はありませんでした。

16011_image005

プリント基板にホースからの信号は入力されていますが、モーターへの出力ができない状態でしたので、基板不良と診断させていただきました。

注意ポイント

16011_image006

作業内容

後部のカバーと前面のハンドル部から順に、サイドカバー、上カバーを取り外し、モーター、基板コードリールを清掃してから、基板とモーターを交換させていただきました。

16011_image008

スタッフからの一言

紙パック交換ランプがつかなくても、綿ホコリ等が満杯になると早く故障シてしまう原因になるので、早めの交換をおすすめします。

掃除機の修理・メンテナンスサービスを詳しく見る
修理事例一覧を見る